川崎ミツミさんと里香さんの死因が刺し傷による出血性ショック死だと判明

新潟市北区で民家が全焼し、民家の住民である川崎ミツミさんと、前日から川崎さん宅に泊まり来ていた孫の妻である里香さんが死亡した事件。

川崎さんと里香さんの遺体を県警捜査1課などが13日に司法解剖した結果、死因は刺し傷による出血性ショック死であったことが判明したそうです。

出火当時、家にいた川崎さんの孫で、里香さんの夫である31歳男性は、火事で顔や喉をやけどする重傷を負っているため、まだ話が聞ける状態ではないそうです。

県警は男性が何らかの事情を知っているとみて、男性の回復を待って事情を聴く方針だそうです。

また、川崎さんは腹部を里香さんは首と胸に鋭利な刃物で刺されたことが死因であったことから、県警は殺人事件として捜査してそうです。

里香さんは出産間近で、里香さんが死亡したことで胎児も死亡しています。

もし、この事件が本当に殺人だったとしたら、犯人は川崎さんと里香さん、そして生まれてこれなかった胎児の3人の命を奪ったことになります。

ありそうでなかったチューブ入り大根おろし

焼き魚や玉子焼きなどに、ほんの少しだけ必要となる「大根おろし」。

あるのとないのとでは、味が違ってきます。

しかし、家族が多ければいいですけど、1人の場合、ほんのちょっとだけ大根をおろし金などを使ってすりおろすのは面倒ですよね。

そんな時に嬉しい商品を群馬県前橋市に拠点を置く食品製造企業「新進」が発売しました。

新進が発売したのは、ありそうでなかったチューブ入りの大根おろし。

わさびやニンニク、しょうがなどはありましたが、チューブ入り大根おろしの発売は全国初なんだそうです。

大根おろしぐらい、おろし金ですればいいだけだからと言う人もいるでしょうが、主婦や一人暮らしの人にとってはうれしい商品なんじゃないでしょうか。

未開封であれば製造日を含めて60日間保存可能だそうですよ。

 

注意したカラオケ店の店長に暴行をくわえた中国籍の男

富山中央署は24日、ペットを連れて入店したことを注意した、カラオケボックスの店長に暴行をくわえた、自称会社員で中国籍の衣顕龍容疑者を逮捕したそうです。

富山中央署によると、衣容疑者は24日午前9時ごろ、富山市天正寺のカラオケ店には十数人で来店。

その中の1人がプードルを連れていたのを店長が注意したところ、それに腹を立て、店長を殴ったり蹴ったりし、左耳の鼓膜を破るなど怪我をさせたのです。

衣容疑者は車3台で逃亡しましたが、1台が逃走中に別の車に衝突する事故を起こしているそうです。

店長に暴行をくわえたのは衣容疑者だけではないそうですから、富山中央署では衣容疑者を取り調べて、逃げた仲間たちの行方を追っているようです。

細野豪志幹事長が室井邦彦参院議員の離党届けを受理しない考えを示す

民主党の細野豪志幹事長は19日、同党の室井邦彦同党参院議員の離党届提出したことに関して、離党届けを受理しない考えを明らかにしました。

細野幹事長を離党届けを受理しなかった理由を、国会内で記者団に「きのう直接話を聞いたが、離党の理由がいまひとつ明確でなかった。受理はしない」と語っています。

ただ、除籍(除名)処分を念頭に対応する考えがあるとみられています。

衆院選での大敗したものの、まだ参議院では民主党の議員の数は多いですが、ここで離党を簡単に受理してしまうと、衆院選の時のように、選挙前にどんどん離党者が出るようになっては困りますからね。

ただ、野党に転落して以来、民主党の存在はどんどん薄れていっていますから、選挙が近づくにつれ、どんどん離党者が出てしまうでしょうね。

 

メタンハイドレートの試験採取に成功

経済産業省は12日、愛知県沖約80キロメートルの海底地層からメタンハイドレートの試験採取に成功したことを発表した。

日本が資源大国になれる可能性を秘めているメタンハイドレート。

日本近海には、国内の天然ガス消費量の約100年分に当たるメタンハイドレートがあると推測されていますが、これまでは採掘の難しさから、実用化がなかなか進んでいませんでした。

12日午前6時前、地球深部探査船「ちきゅう」が水深約1000メートルの海底までおろした掘削機を使って、固形状のメタンハイドレートを水と天然ガスに分解し、ガスを取り出して海上まで引き揚げる作業が開始され、その約4時間後、船尾に設置したバーナーから、ガスの産出を示す炎が上がったということです。

政府は5年後までにメタンハイドレートの商業化を目指としています。

この成功が、日本の活性化をさらに後押ししてくれるといいですね。

 

川崎市内の学校でキウイフルーツによるアレルギーとみられる症状が多発

川崎市教育委員会は28日、市内にある小学校35校の児童61人に、キウイフルーツによるアレルギーとみられる症状が出たことを発表しました。

アレルギーとみられる症状が出た児童は、1人が息苦しさを訴えて3日間ほど検査入院しましたが、ほとんどが軽症だったということです。

症状が出たキウイフルーツは、2月8〜26日に市内にある114校で給食として出されたものだそうです。

給食に出される食品にアレルギーがあるかは、、定期的に調査が行われているはずですし、キウイフルーツは給食に頻繁に出されている果物のはずです。

どうして、2月に出されたキウイフルーツで、アレルギーとみられる症状が多くの児童に出たのかを含め、市教委は原因特定の調査を続けているそうです。

また、3月にも給食にキウイフルーツが出される予定になっていましたが、キウイの使用を中止したということです。

任天堂が「とびだせ どうぶつの森」の品薄を謝罪

任天堂が30日、ニンテンドー3DSソフト「とびだせ どうぶつの森」の品薄が続いていることから、公式サイトで「生産に関するお知らせ」を公開し、予想を上回る需要によりソフトが入手しづらい状況になっていることを詫び、パッケージ版は部材調達の問題から今後も供給不足が続く見通しであることを説明しました。

「とびだせ どうぶつの森」の品薄になっているのは、「とびだせ どうぶつの森」は過去最多のアイテム数とカスタマイズ幅が拡大されているため、ROMカードに他の3DSゲームでは採用していないSLC-NANDフラッシュを載せていることが原因にあるようです。

SLC-NANDフラッシュメモリは、従来のMLCタイプに比べ性能は高いのですが、供給量がMLCタイプより限られているため、ソフトの急激な需要に対応することができないでいるのです。

ただ、ダウンロード版なら、すぐに入手できますから、待ちきれないという人はダウンロード版にしてみてはいかがですか。